メン喰い日和

家庭パスタの食材使いきり節約レシピ

カブのパスタ②オイルソース

 

f:id:libertablu:20191024003700j:plain

 

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

 

食材使い切りの節約術で作る家庭料理のパスタ。カブがテーマの第2回は、オイルソースのパスタです。

 

 

 

★カブとシーフードのスパゲッティ

◆材料(2人分)

スパゲッティ         120g

カブ(中)          1個(150g)

カブの葉   カブ1個に付いている分

冷凍エビ・イカミックス     1/2袋(70gくらい)

ニンニク(大 / みじん切り) 1/2片

アンチョビー (みじん切り)  1枚

白ワイン          大さじ1

オリーブオイル         適量

塩、コショウ         各適量

f:id:libertablu:20191024004631j:plain

 

◆下準備

1. カブ:

①カブは根元1センチくらいを残して葉を切り取り、水を入れたボウルにつけて根元の大まかな土や汚れを落とす。12等分のくし形に切り分け、竹串などで各根元の残った汚れをきれいに取り除き、皮は厚めに剥く。

f:id:libertablu:20191024071145j:plain

②葉は長さ2㎝に切り、茎の固い部分と葉の柔らかい部分を分けておく。

 

2.冷凍エビ・イカミックス:解凍し、エビは背ワタがあれば取り除き、それぞれ細かく刻む。

f:id:libertablu:20191024071221j:plain

f:id:libertablu:20191024071237j:plain

 

◆作り方

  1. フライパンにオリーブオイル少量を熱し、カブを入れて中火で焼く。焼き色がついたら裏返してフライパンの端に寄せ、火を弱めて空いたところにニンニクとアンチョビーを入れてじっくり炒める。

    f:id:libertablu:20191024072136j:plain

    f:id:libertablu:20191024072151j:plain



  2. ニンニクとアンチョビーの香りが立ったら刻んだエビとイカを入れてさっと炒め、カブと炒め合わせて全体が馴染んだら白ワインを加えて煮立て、アルコールが飛んだら火を止める。

    f:id:libertablu:20191024072643j:plain

    f:id:libertablu:20191024072657j:plain



  3. スパゲッティを茹でている鍋に、スパゲッティの茹で上がる3分前にカブの茎の固い部分を入れて、一緒に茹で上げる。

    f:id:libertablu:20191024072853j:plain 

  4. フライパンを火にかけて具材を温め、茹で上がったスパゲッティとカブの茎を入れ、カブの葉も加え、スパゲッティの茹で汁をお玉に半分ほど加えてよく混ぜ合わせる。塩、コショウで味を整え、火を止めてオリーブオイルを少量加えてざっと混ぜ、お皿に盛り分けて出来上がり。

    f:id:libertablu:20191024073322j:plain

    f:id:libertablu:20191024073354j:plain

    f:id:libertablu:20191024073412j:plain

    f:id:libertablu:20191024073530j:plain

 

以前に作った『小松菜のパスタ②オイルソース』の時と同様、エビとイカを刻んで加えました。ワンパターンな使い方ですが、我が家の歯の悪い高齢者には食べ易いようで好評です。

 

エビとイカは刻んでいるのですぐに火が入るため、加熱時間は短めにして硬くならないよう気をつけたつもりです。細かいので具材というよりソースの一部のようなものですが、アンチョビーの風味で海の香りをプラスすることで、全体のシーフード感が増しました。

 

カブも火通りが良く、すぐに柔らかくなるので、水っぽくならないよう加える水分は控えめにしています。ワインは風味付け程度、茹で汁は全体の水分調整として最後の方で少量加えた程度です。シーフードの旨味が絡んだトロリと柔らかなカブが味わい深い美味しさです。

 

 


最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

 


更新に間が開いてしまいました。週をまたいでしまいますが、次回はカブのクリームソースのパスタです。

 

 

 

皆様どうぞ良い日曜日の夕べをお過ごしください。