メン喰い日和

家庭パスタの食材使いきり節約レシピ

カブのパスタ③クリームソース

 

f:id:libertablu:20191027055754j:plain

 

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

 

食材使い切りの節約術で作る家庭料理のパスタ。『カブ』がテーマの第3回は、クリームソースのパスタです。

 

 

★カブとマッシュルームのリングイネ

◆材料(2人分)

リングイネ(ロングパスタ)    120g

カブ(大)            3/4個(150g)

カブの葉    カブ3/4個に付いている分         

マッシュルーム(8㎜幅に切る)    2個

ニンニク(小 / 潰す)          1片

タマネギ(みじん切り)      1/4個(50g)

薄切りロースハム(8㎜四方に切る)  2枚

固形スープ(1/2カップのお湯で溶く)1/4個

生クリーム          1/2カップ

無塩バター               5g

オリーブオイル            適量

黒コショウ              適量

パルミジャーノチーズ(又は粉チーズ)  適量

f:id:libertablu:20191027061006j:plain

*カブは8㎜厚のイチョウ切り。葉は茎の固い部分と葉の柔らかな部分に分け、長さ3㎝くらいに切る。

 

◆作り方

  1. フライパンにオリーブオイルとバターの半量、ニンニクとタマネギを入れて弱火にかけて、じっくり炒める。タマネギが透き通ってきたらフライパンの端に寄せ、空いたところにカブを入れて少々火を強めて焼く。

    f:id:libertablu:20191028042305j:plain

    f:id:libertablu:20191028042323j:plain

             

  2. カブに軽く焼き色が付いたら裏返し、マッシュルームを入れて塩少々振って焼き、マッシュルームにも軽く焼き色が付いてきたらタマネギとカブと炒め合わせ、ロースハムも加えて炒める。

    f:id:libertablu:20191028042749j:plain

    f:id:libertablu:20191028042806j:plain

    f:id:libertablu:20191028042823j:plain

     

  3. 全体が馴染んだらお湯で溶いたスープを加え、一煮立ちしたら火を弱めて煮る。

    f:id:libertablu:20191028043017j:plain

    f:id:libertablu:20191028043035j:plain



  4. パスタを茹でている鍋に、パスタの茹で上がる3分前にカブの茎を入れて一緒に茹で上げる。フライパンの方には、パスタの茹で上がり1〜2分前に生クリームを入れて軽く煮詰める。

    f:id:libertablu:20191028043344j:plain

    f:id:libertablu:20191028043401j:plain



  5. 茹で上がったリングイネとカブの茎をフライパンのソースに加え、パスタにソースを吸わせるようによく混ぜ合わせ、続けてカブの葉と残りのバターも加えて混ぜ合わせる。黒コショウを振って味を整え、お皿に盛り分けて出来上がり。

    f:id:libertablu:20191028043904j:plain

    f:id:libertablu:20191028043927j:plain

    f:id:libertablu:20191028043941j:plain

    f:id:libertablu:20191028044058j:plain

    *お好みで、すりおろしたパルミジャーノチーズ、又は粉チーズをたくさんかけてお召し上がり下さい。


パスタはスパゲッティより太めで存在感のあるリングイネを使っています。濃厚なソースがモチモチした食感のリングイネに絡み食べ応えがあります。

 

カブはクリームによく合いますね。考えてみれば『カブのクリーム煮』といった、ほぼ定番メニューがあるくらいですから当然なのかもしれませんが、どこかホッとする味わいです。

 

カブは煮崩れないように少し厚めのイチョウ切りにしました。なめらかな口当たりと柔らかな食感で、煮崩れてはいませんが、ソースと一体化してとろけるような印象です。

 

クリームと相性の良いマッシュルームを合わせて香りと食感をプラス。カブの葉のほろ苦さとシャキシャキ感もアクセントになりました。カルシウムたっぷりの緑鮮やかなカブの葉は、目に楽しく、体に優しく栄養満点の優れものです。

 

ハムは小さめに切り、パスタの具材というよりソースの材料のひとつとして使ってみました。前回のオイルソースでの刻んだ冷凍エビ・イカと同じような扱いです。程よい塩気と旨味が加わり、コクのあるソースになりました。薄めですがブイヨンの効果もあって、しっかりとした味わいです。

 

仕上げに加えた黒コショウが、まろやかソースをピリッと引き締めます。コクのあるパルミジャーノチーズを食べる直前にすりおろして振りかけると、本格的なイタリアンの香り。目をつぶれば(?)イタリアのトラットリアにひとっ飛び。いつもの家庭料理のパスタが少し変身します。ちょっと気分を変えてみたかっただけで、普通の粉チーズでももちろん十分美味しくいただけます。

 

 

このクリームソースのパスタは、次回の和風パスタより後で作ったものです。パスタに使う予定のカブを他の料理で使ってしまったので、別のカブで作っています。大きさが違ったため、他の3種のパスタで使ったカブと重量を同じくして使用しました。ご報告しておきます。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

 

次回は和風パスタです。