メン喰い日和

家庭パスタの食材使いきり節約レシピ

キノコのパスタ⑤大皿ごちそうパスタ

 

f:id:libertablu:20191006115643j:plain

 

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

 

食材使い切りの節約術で作る家庭料理のパスタ。キノコがテーマの第5回は、番外編の大皿パスタです。

 

 

 

★5種のキノコのフジッリ

◆材料(大皿分)

フジッリ(ショートパスタ) 200g

5種のキノコ(すべて5㎜角くらいに刻む)

・シイタケ          1枚  

・ブナシメジ         50gくらい

・エリンギ(大)       1本

・マイタケ          50gくらい

・マッシュルーム       2個

タマネギ(みじん切り)    1/4個

イタリアンパセリ(刻む)   2枝

白ワイン         大さじ3

ブイヨン         カップ

オリーブオイル        適量

塩、コショウ        各適量

f:id:libertablu:20191006120924j:plain

f:id:libertablu:20191006123203j:plain

 

◆作り方

  1. フライパンにオリーブオイルとタマネギを入れて弱火で炒め、タマネギが透き通ってきたら、刻んだキノコをすべて加えて弱めの中火で炒める。

    f:id:libertablu:20191006123619j:plain 

  2. キノコがしんなりしてきたら、イタリアンパセリの半量を加えて炒め合わせる。

    f:id:libertablu:20191006124050j:plain 

  3. 全体が馴染んだら白ワインを加えて煮立たせ、ブイヨンを加えて再沸騰したら弱火で煮詰める。

    f:id:libertablu:20191006124435j:plain

    f:id:libertablu:20191006124452j:plain

    f:id:libertablu:20191006124510j:plain



  4. 茹で上がったフジッリをフライパンに加え、ソースを吸わせるようによく混ぜ合わせる。塩、コショウで味を整え、火を止めてオリーブオイル少量を加えてざっと混ぜ、大皿に盛り付けて残りのイタリアンパセリを散らして出来上がり。

    f:id:libertablu:20191006124850j:plain*パスタとソースを混ぜる工程の写真がありませんでした。

 

前回までのキノコのオイルソテーのパスタたちより更にシンプルなものなので、ご紹介するほどではなかったようですが、昨日予告したので載せました。なんだか済みません。

 

このパスタは、昨年、親類宅のホームパーティーの際に作って持っていったものです。メイン料理はお手製のビーフシチューだったので、パスタはシンプルなものをと思って作りました。

 

シンプルですがごちそう要素がひとつ。加えたブイヨンはポルチーニ・ブロードで、一昨年大手百貨店で開催されたイタリアンフェアで購入したものを使いました。販売員さん曰く、エリンギのソテーにちょっと加えるだけで、エリンギがさながらポルチーニに変身し、大変美味しくいただけるとか?それはそれでエリンギに失礼な気もしますが、キノコの料理にはオススメの調味料のようです。

 

このシンプルパスタもポルチーニの風味が加わり、味わいがグレードアップしました。他のキノコの邪魔をしないよう加える量は加減しました。キノコたちの食感も良く、秋の味覚を満喫した気持ちになりました。

 

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

  

次回は食材テーマが変わります。

 

 

日曜の昼下がり。良いひと時をお過ごしください。