メン喰い日和

家庭パスタの食材使いきり節約レシピ

キノコのパスタ③クリームソース

 

f:id:libertablu:20191003165259j:plain

 

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

 

食材使い切りの節約術で作る家庭料理のパスタ。キノコがテーマの第3回は、クリームソースのパスタです。今回も第1回、第2回と共通の『キノコのオイルソテー』を使います。

 

 

★キノコのクリームソースのフジッリ

◆材料(2人分)

フジッリ(ショートパスタ) 100g

キノコのオイルソテー      80g

合挽き肉           80g

・塩                少々

・粉山椒          小さじ1/4くらい

タマネギ(みじん切り)    1/4個(50g)

白ワイン           大さじ2

生クリーム        1/2カップ

無塩バター           5g

オリーブオイル           適量

イタリアンパセリ(刻む)    1〜2枝

塩                 適量

粉チーズ(お好みで)      適量

f:id:libertablu:20191003170116j:plain

*合挽き肉には塩少々と粉山椒小さじ1/4を加えて軽く混ぜ、下味をつけておく。

 

◆作り方

  1. フライパンにオリーブオイル少量を入れて温め、合挽き肉を入れて中火で焼き付けるように片面を焼く。軽く焼き色がついたら裏返して粗くほぐし、フライパンの端に寄せて炒めながら、空いたところにはタマネギを入れて合挽き肉から出た脂で炒める。足りなければオリーブオイルを加えて炒める。

    f:id:libertablu:20191003200956j:plain

    f:id:libertablu:20191003201024j:plain

    f:id:libertablu:20191003201042j:plain 

  2. タマネギがしんなりしてきたらキノコのオイルソテーを加えて炒め合わせ、全体が馴染んだら白ワインを加えて煮立たせ、パスタの茹で汁お玉2杯加えて再沸騰したら火を弱めて煮詰める。

    f:id:libertablu:20191003201504j:plain

    f:id:libertablu:20191003201523j:plain

    f:id:libertablu:20191003201540j:plain

    f:id:libertablu:20191003201629j:plain 

  3. パスタが茹で上がる1〜2分前に、フライパンのソースに生クリームを加えて軽く煮詰める。

    f:id:libertablu:20191003201730j:plain

    f:id:libertablu:20191003201743j:plain 

  4. 茹で上がったフジッリをフライパンのソースに加えてよく混ぜ合わせ、味をみて足りなければ塩少々加えて味を整える。バターを加えて火を止めて混ぜ合わせ、お皿に盛り分け、イタリアンパセリを振って出来上がり。

    f:id:libertablu:20191003202030j:plain

    f:id:libertablu:20191003202046j:plain

    f:id:libertablu:20191003202133j:plain

    f:id:libertablu:20191003202205j:plain

    *お好みで粉チーズをかけてお召し上がりください。

色々なキノコと合挽き肉の旨味がクリームソースに溶け込んで、濃厚な味わいのパスタです。合挽き肉の下味に少量加えた粉山椒が、後からほのかに爽やかに香ります。

 

クリームソースのパスタを何度も作っていると、たまに何かアクセントになるものを入れたくなります。今回は粉山椒を加えてみました。ほんの少しスパイシーさも加わって、いつものクリームソースがちょっと変身しました。

 

粉山椒はじめ、柚子胡椒、ショウガなどの『和』の香りを洋風のものと合わせてみる度に、新しい美味しさ、意外な美味しさに出会います。(失敗もありますが…。)色々なことが億劫に感じて何に対しても意欲が湧かず、気力の衰えを実感する今日この頃。せめて好きな料理くらいは、冒険心と好奇心を持って楽しみたいと思います。ちっちゃな冒険ですけれど。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

 

次回は和風パスタです。