メン喰い日和

家庭パスタの食材使いきり節約レシピ

秋鮭のパスタ③クリームソース

 

f:id:libertablu:20191110011524j:plain

 

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

 

食材使い切りの節約術で作る家庭料理のパスタ。『秋鮭』がテーマの第3回は、クリームソースのパスタです。

 

 

★秋鮭と春菊のファルファッレ

◆材料(2人分)

ファルファッレ(ショートパスタ)100g

生秋鮭(切身)         1/2切れ(約70g)

春菊                 2本

ニンニク(潰す)         1/2片

タマネギ(みじん切り)      1/4個(約50g)

シイタケ(5㎜角に切る)       2枚

白ワイン             大さじ1

固形スープ            1/4個

カップ3/4のお湯で溶く)

生クリーム          カップ1/2

無塩バター               5g

オリーブオイル            適量

塩、コショウ            各適量

パルミジャーノチーズ(すりおろす)   適量

(なければ粉チーズ)

f:id:libertablu:20191110012648j:plain

 

◆下準備:

①鮭:皮と、あれば骨を取り除き、一口大の削ぎ切りにして塩、コショウを振っておく。調理する少し前に小麦粉を薄くまぶしておく。

②春菊:茎と葉を分け、茎は2㎝長さに切り、葉はざく切りにする。

 

◆作り方

  1. フライパンにオリーブオイルとバターの半量、ニンニク、タマネギを入れて弱火にかけ、タマネギが透き通ってしんなりしたらフライパンの端に寄せ、空いたところにシイタケを入れて塩ひとつまみ振り、火を少し強めて炒める。

    f:id:libertablu:20191110071820j:plain

    f:id:libertablu:20191110071837j:plain



  2. シイタケに軽く焼き色がついたらタマネギと炒め合わせてフライパンの端に寄せ、空いたところに鮭を入れて焼く。鮭の表面がカリッと薄く色づいたら裏返し、裏面も軽く焼いてから全体を炒め合わせる。

    f:id:libertablu:20191110072219j:plain

    f:id:libertablu:20191110072234j:plain



  3. 白ワインを振りかけて煮立たせ、アルコールが飛んだらカップ3/4のお湯で溶いたスープを加え、煮立ったら弱火で煮る。

    f:id:libertablu:20191110072504j:plain

    f:id:libertablu:20191110072520j:plain



  4. パスタを茹でている鍋に、パスタの茹で上がる2分前に春菊の茎を入れて一緒に茹でる。同時にフライパンの方に生クリームを入れて軽く煮詰める。

    f:id:libertablu:20191110072841j:plain

    f:id:libertablu:20191110072857j:plain

    f:id:libertablu:20191110072918j:plain



  5. パスタを茹でている鍋に、パスタが茹で上がる直前に春菊の葉を入れてパスタとともに取り出し、フライパンのソースに加えて混ぜ合わせる。味をみて足りなければ塩少々加えて塩加減を調整する。コショウを振って味を整え、残りのバターを加えて火を止めて混ぜ合わせ、お皿に盛って出来上がり。

    f:id:libertablu:20191110073914j:plain

    f:id:libertablu:20191110073934j:plain

    f:id:libertablu:20191110073951j:plain

    f:id:libertablu:20191110074023j:plain

    f:id:libertablu:20191110074055j:plain

    *お皿に取り分け、お好みでパルミジャーノチーズをかけてお召し上がりください。


定番の組み合わせ『鮭+クリーム』です。淡白ながら旨味もある鮭は、コクのあるクリームソースとの相性が良いですね。何かひと工夫できないかと考え、パスタにはファルファッレを使ってみました。大した工夫ではありませんでしたが、スパゲッティとは雰囲気が変わり、見た目がなんとなく可愛らしくなりました。味に変わりは無いにも関わらずいつもより美味しく感じて、自分の単純さを再認識した次第です。

 

タマネギの甘みとシイタケの香りを加えたことで、ソースの味わいに深みが出たように思います。彩りに加えた春菊のほろ苦さが味のアクセントにもなりました。前回のオイルソースのパスタの、ホウレン草との組み合わせとはまた違った味わいで、鮭の美味しさを引き立ててくれました。残りものながら大活躍の春菊。できればもっと入れたかったところです。

 

今回ファルファッレを使ったパスタは、いつもクリームソースのパスタ用に使っているお皿に上手く盛り付けられそうになかったので、別のひと回り大きくて深さのあるお皿に2人分のパスタを盛り付けました。これで綺麗に美味しそうに見えるだろうと、半ばほくそ笑んで(?)いましたが、柄が同じお皿なので、写真に写してみるとあまり違いがわかりません。当てが外れました。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

 

次回は和風パスタです。