メン喰い日和

家庭パスタの食材使いきり節約レシピ

ニンジンのパスタ②オイルソース

 

f:id:libertablu:20191016202859j:plain

 

こんばんは。ご訪問ありがとうございます。

 

食材使い切りの節約術で作る家庭料理のパスタ。ニンジンがテーマの第2回は、オイルソースのパスタです。

 

 

 

★ニンジンの香草風味スパゲッティ

◆材料(2人分)

スパゲッティ       120g

ニンジン(千切り)     1/2本(80gくらい)

厚切りベーコン       50g

ニンニク(潰す)        1片

赤唐辛子(タネを取り除く)   1本

お好みのハーブ

ローズマリー・タイム・イタリアンパセリ各1枝)

白ワイン          大さじ2

無塩バター            5g

オリーブオイル         適量

イタリアンパセリ(刻む)    1枝

f:id:libertablu:20191016203808j:plain

*ベーコンは3㎜角くらいの細い棒状に切る。

 

◆作り方

  1. フライパンにオリーブオイルとニンニク、赤唐辛子を入れて弱火にかけ、じっくり加熱する。ニンニクが色づいてきたらベーコンを加え、ベーコンから脂が出てきたらニンジンを加えて炒め合わせる。

    f:id:libertablu:20191016204508j:plain

    f:id:libertablu:20191016204523j:plain 

  2. ニンジンがしんなりしてきて全体が馴染んだら白ワインを加えて煮立たせ、パスタの茹で汁お玉2杯と香草類のローズマリー、タイム、イタリアンパセリを入れ、再沸騰したら火を弱めて煮る。赤唐辛子は取り除く。

    f:id:libertablu:20191016204824j:plain

    f:id:libertablu:20191016204839j:plain

    f:id:libertablu:20191016204855j:plain 

  3. 茹で上がったスパゲッティとバターをフライパンのソースに加えてよく混ぜ合わせ、味をみて足りなければ塩、コショウで味を整える。火を止めてオリーブオイル少量を加えてざっと混ぜ、お皿に盛り分けイタリアンパセリを散らして出来上がり。

    f:id:libertablu:20191016205101j:plain

    f:id:libertablu:20191016205114j:plain

    f:id:libertablu:20191016205128j:plain

    f:id:libertablu:20191016205307j:plain



ピリッとした辛めのソースがニンジンの甘さを引き立てます。ベーコンの旨味がニンジンにしみて、味わいも豊か。香草の風味もあってニンジンがちょっとしたご馳走になった感じがします。

 

色鮮やかなニンジンが目にも楽しく、美味しさを演出してくれます。オイルソースがベースのパスタならではの効果。シンプルですがニンジンの美味しさを堪能できる一皿になってくれたと思います。

 

普段は料理に色を添える引き立て役にしてしまいがちなニンジンでしたが、十分主役になってくれる野菜なのだと思いました。今更ですが。

 

 

 

ここ数日こちら北海道は朝晩の冷え込みが厳しく、今日はストーブを点けました。家の中が暖まって落ち着いてくると、台風19号の被害に遭われて避難所生活を強いられている方々のことがふと頭に浮かび、のんきにヌクヌクしていることが急に恥ずかしくなってストーブを消しました。寒いとはいえ、耐えられないほどではありません。単なる自己満足に過ぎませんが、ストーブに頼らず、厚手のセーターを着て膝掛けを2枚使うことにしました。

 

この度の台風で被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。行方不明の方々が一日も早く見つかることを願ってやみません。

 

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

 

 

次回はクリームソースのパスタです。